オプション:プラド/one

オプション:プラド/one 

対応オプションなどで、プラドがもっと身近になります。

人気のプラド/oneは横貼タイプだけでは、ありません。パネルユニットは、フェンス面が組み立て済みで、ほぼ同じ外観で現場工期の短縮が可能です。定番の横貼タイプだけでなく、縦貼タイプも対応可能です。さらに、フェンス板材をそのまま使った専用扉で、色んなシーンにお使い頂けます。

プラドワンオプション

パネルユニット:プラド/one 

フェンスの完成品で
現場の手間を簡略化

板材が取付済のパネルユニットを柱にビス固定します。下穴加工済で作業工程が減り、一人でも手早く施工出来ます。プラド/one:各4色があり、現場組立のフェンスとほぼ同じ外観です。幅詰めカットによる現地でのサイズ変更もできます。高さは3種類をラインナップしています。

  • H1500:9段
  • H1800:11段
  • H2400:14段

設置バリエーション:プラド/one

片面:横板仕様

ジョイント(片面:横板)仕様

板材を横方向に並べ、上下にすき間を少し空け、プライバシーと開放感をほど良く両立しています。左右のすき間をジョイント部材で隠して、施工性が高いのも特長です。

ジョイント仕様

縦貼両面:大和仕様/縦貼片面:立板仕様

縦貼両面:大和仕様

天然杉などを板状に製材して、交互貼った「大和塀」も再現できます。板厚が薄いので、重厚な印象の目隠し塀にはならずに、シンプルなモダン外構でも違和感なく遮蔽機能を果たせます。焼杉に似た趣のオークブラックがオススメです。

縦貼・両面:大和仕様

縦貼片面:立板仕様

切断加工しやすい特性を生かして、板材の先端を剣先状にするとオールドアメリカンなスタイルとなります。
天然木フェンスのペンキ塗り仕上のイメージです。グリーンの芝生と相性の良いシルクアイボリーが人気です。

縦貼・片面:立板仕様

各仕様の比較 

樹脂板塀では、オーソドックスな縦ジョイントを使った「ジョイント仕様」が価格も施工も最も安価になります。
プラドは板材の伸縮度合が低くいので、縦貼り実現する事が出来ました。
施工前には板材寸法を正確に切り揃えたり、取付前の下穴開口が必要にすると、キレイに仕上がります。

柱開き止め補強材:オプション

※板サイズには多少の個体差(±0~3㎜)が出る場合があります。

フェンス用扉:プラド/one

プラド/oneの扉:施工事例

プラド/oneと同じ外観の鍵付き扉をご用意しています。寸法特注も可能です。

縦貼両面

 

扉縦貼り

横貼片面

 

扉横貼り