TOP > 施工事例 > 大津垣の施工事例

大津垣の施工事例

大津垣,和モダン,竹フェンス

 

大津垣は竹を前後に1本ずつ編み込んで作った竹垣です。

近畿地方で多く見られたことから、その名が付きました。
みす垣よりも隙間が多く、適度に視線を遮断できます。

また、見る角度によって後方の透け具合も変わる独特の風情があります。
人工丸竹も天然の物と同様に竹を交互に編込んだ独特の形状で
手間は掛かる物の、格調の高いフェンスとして根強い人気があります。

 

完成品ユニットはGユニット3型、楽勝2型、楽塀2型、13型、文様縞シンプル立涌 の5種類があります。

・Gユニット3型:アルミの骨組が露出、組子(縦方向の竹)が3本組

・楽勝2型:柱以外のアルミ骨組は極力隠してある、組子(縦方向の竹)が1本おき

・楽塀2型:40角アルミ柱で10㎝ブロックの穴に入る。13φの丸竹を交互に編み込み

・楽塀13型:丸竹13φを1本ずつ交互に編んだ大津垣、笠竹付き

・文様縞シンプル立涌:丸竹22φを2本ずつ前後に編み込み、骨組みはアルミ製で露出

※ユニットタイプは中間で分割する仕様ですが、現場組立タイプは上下に分割されずスッキリした出来上がりです。

 

button_view_more3.jpg button_view_products.jpg  商品一覧へ戻る  

 

 

 

  • お問い合わせ
  • お問い合わせはこちら